読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャック・ガラット(Jack Garratt)の音楽

ジャック・ガラット

フジロックで評判よかったのでちょっと調べてみました。

 

profile

1991年生まれ、UKバッキンガムシャー出身。

12才の頃から曲を作り始め、ピアノ、ギター、ドラム、ハーモニカ、マンドリンウクレレといった様々な楽器のスキルの身に着ける。2014年にファーストEPRemnix」と「Remnants」をIslandからリリース。続く2015年、EPSynesthesiac」をリリースすると共に、ロンドンのApple Music Festival に出演。11月には、今後活躍が期待される新人に贈られるブリット・アワード批評家賞を受賞。そして20161月、UKにおけるもう一つの大きな新人登竜門である"BBC SOUND OF 2016"BBCが発表する期待の新人リスト)でNo.1に輝く。2016219日には待望のデビュー・アルバム『Phase』をIslandからリリース。

 

一人でいろいろ演奏するタイプの人ですね。


Jack Garratt - Worry - Berlin Sessions

 

 

ポストロックが流行ってた頃は結構見かけたけど、最近だと久々に見た気が。

演奏云々置いといても、曲がいいですね。

何より声がいい。いろんな歌い方が出来るタイプなのかな。


Jack Garratt - Surprise Yourself (Berlin Sessions)